押しの強い男性のうち、8割の人がしているやってはいけない「押し」

押忍!へっぽこ恋愛ブロガー、スナボコリです!

「押し」の強い男性はモテます。

しかし正しい「押し」の強さでなければいけません。

  • ここで押すというタイミング
  • 絶対に押しちゃ駄目なパターン
  • 「しつこさ」と「押し」、似てるようで違う

これらをじっくり解説していきます!

スナボコリ移動

それでは今日も行くぞオラァッッッ!

「押し」の強い男性はモテるというが本当なのだろうか

「押し」の強い男性はモテるというが本当なのだろうか

押しの強い男性。

やはり女性から見ると、魅力的です。

熱いパッションをぶつけられると、
女性も心が動いてしまいますから。

しかし、何度も同じ行動をしていたら
「しつこい!」と捉えることもあるのです。

「押し」が強いのはいいことなのに、
やりすぎると「しつこい」。

これって一体どういうことなんでしょうか。

「押し」は間違えると「しつこさ」になる

「押し」について大事なことは、
「相手が、自分に好意を持っているかどうか」です。

好意を持っていない状態の
「押し」は非常に面倒くさい。

それを勘違いしている人は、
相手が好意を持っているかどうかを考えず
アタックしちゃいます。

  • まだ仲良くなってないのに告白し続ける
  • 何度も何度もLINEを送る
  • いくら駄目って言われても、デートに誘いまくる

女性の気持ちを考えていない行動ですね。

こういう気持ちを無視するようなことをやり続けることで、
女性が嫌う「しつこい」男となります。

自分の立場で考えるとわかりますよ。

可愛い女の子に迫られるのと、
そこまでの女の子に迫られるのでは
まるで印象が変わります。

結局はイケメンが正義ってことか……とお思いの方。

違いますよ。

“本当の”押しの強さで肝心なのは、「タイミング」です。

ワッチ怒り

しつこい男はイケメンでもモテんばい!

スナボコリグッド

イケメンでもモテない……。なんか魂が救済される言葉っすね!

押しの強さは「タイミング」で決まる

押しの強さは「タイミング」で決まる

押しの強さの本当の効果は、
「相手がこちらに少しでも好意を持ってくれている」という
条件が必須です。

押しの強さというスキルはいきなり使うんじゃなくて、
「相手との距離が近くなってきた状態」で効果を発揮します。

具体的な例を挙げると、
1回目のデートが終わり、2回目のデートの約束ができた場合です。

2回目のデートで押しの強さを発揮

2回目のデート、
この段階ならある程度距離が近くなってきたと言えるでしょう。

結構冗談とかも言えるようになってきたぐらいでしょうか。

そこで押して行くんですよ!

しかし急に押してはいけません。

徐々に、少しずつ積極的なアタックをしていくのです

急に何回も積極的なアタックをしたら、
女性がびっくりしてしまいますから。

必要なタイミングを見極め、
そこで積極的アタックをかけていく。

これですよ!

押しの強さは自分に興味を持ってもらうものではない

押しの強さって、
興味を持ってもらうためにすると思っている人
ちょっと違います。

自分はこんな人間!というのを無理やり押し込んでいくのは
あまり良い作戦とはいえません。

なので、押しの使い方を考えてみましょう。

あなたと女性の関係をもっと決定的にするため、
「押す」のがベストです。

女性が自分に好意を持ってくれているなら、
「押し」は「しつこい」じゃなく
「積極的アタック」として受け止めてくれるでしょう。

スナボコリ基本

積極的アタックはタイミングが本当に重要です

ワッチ笑い

おーおー、タイミングとは無縁の男がよく言うばい

やってはいけない失敗例の「押し」の強い男性とは

やってはいけない失敗例の「押し」の強い男性とは

「押し」の強さは恋愛において非常に大切ではありますが、
やってはいけない「押し」があります。

まずは失敗例を知って、
これはやってはいけないというのを理解して、
自分の「押し」を探していきましょう。

タイミングは非常に重要ですよ!

知り合ったばかりでの「押し」は危険信号

  • 実際に会ってデートしていない
  • 知り合ったばかりの状態
  • 連絡先を交換したばっかり

こういう“相手がこっちの事を好意的に思っていない状態”の時には
絶対に「押し」ちゃ駄目です。

まだ関係が構築できていない状態で強引な行動を取ると、
積み重ねている相手の好意を崩してしまう可能性があります。

女性は一度好意を崩してしまうと、
修復は時間をかけても難しいです。

どんな百戦錬磨でも、
自分の心から離れた状態を避けます。

恋愛の序盤戦は信頼関係を構築する必要があります。

相手の警戒心を解きながら、コツコツと積み上げていきましょう。

相手が嫌がっていることに気づかない「押し」

これは本当にやってはいけません。

相手の反応が全然だったり、無視をしたりする場合、
あなたは嫌われています。

そういう人に「押し」をしても効果があるどころか、
むしろマイナスです。

「押し」て行く事に、
どんどん余裕がなくなっていきます。

恋愛において、余裕がなくなることは死ぬことと一緒です。

ちょっと強い言葉になってしまいますが、
余裕って本当に大事です。

こうなった場合はいつどうしてこういう状態になったかを振り返り、
二度と繰り返さないようにしましょう。

失敗を糧にするのは良いことですよ。

「押し」の一辺倒

テクニックもなく、
ただ「押し」だけで行くのは逆効果です。

相手に舐められるのは恋愛において
得策ではありません。

好き!と言えば言うほど、
相手は「こいつは自分を好きって言ってくるからキープしとこ」と
思われてしまいます。

  • 来週会える?
  • 会いたい、会いたい

告白しなくても、好意がバレバレですね。

さっきも書きましたが余裕は大事ですよ。

スナボコリグッド

余裕っす!

ワッチ驚き

突然なんね!?

まとめ

今回は、「押しの強い男性のうち、
8割の人がしているやってはいけない「押し」」という
内容をお届けしました。

自分が「押し」の強い男性と思われるか、
しつこい男性と思われるかは
「押し」のタイミング次第です。

同じ「押し」でも、
女性の気持ちやタイミングによって
全然変わってきます。

相手の気持ちをよく見極めて、
効果的な「押し」をしたいですね。

スナボコリグッド

最後まで見ていただいてありがとうございます!

スナボコリの無料相談メールコーナー

あなたは恋愛や出会いについて、悩みはありませんか?

その悩み、自分スナボコリが受け止めます。

人に聞いてもらうだけでスッキリすることもありますし、そういった相談には自分も全力でお応えさせていただきますよ!

遠慮はいりませんので、お気軽にご相談いただけると嬉しいです(^^)/

⇒スナボコリのなんでも無料相談コーナーはこちらをクリック